小泉進次郎環境相は31日、来日したケリー米大統領特使(気候変動問題担当)と会談した。地球温暖化について協議し、10~11月に英国で開かれる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向け、日米の連携強化を目指す。

 小泉氏とケリー氏はこれまで国際会議やオンラインで会談したことはあったが、バイデン政権発足後、ケリー氏が大統領特使として日本を訪れるのは初めて。ケリー氏は「世界は気候危機の影響を示す証拠を目の当たりにするようになった」と話し、温暖化の悪影響を軽減するには各国が対策を進めることが必須になるとの認識を示した。