菅義偉首相は、自民党の二階俊博幹事長の交代を含む党役員人事について、来週実施する方向で検討に入った。首相と二階氏は31日午後、会談する。30日に続いて人事のほか、衆院選や総裁選の日程に関し協議するとみられる。複数の関係者が明らかにした。加藤勝信官房長官と自民党の森山裕国対委員長、林幹雄幹事長代理も31日午前、東京都内で会談し、9月の党総裁選前の臨時国会召集見送り方針を確認した。

 森山氏は31日午後に立憲民主党の安住淳国対委員長と会談し、野党4党が要求する憲法53条に基づく臨時国会の召集に応じられないと伝達する考えだ。