【ワシントン共同】アフガニスタン駐留米軍は30日、撤退を完了した。米中央軍が発表した。2001年の米中枢同時テロを機に始まった駐留は約20年に及んだ。撤退開始による混乱の中、同時テロ後に政権を失ったイスラム主義組織タリバンが復権。過激派組織「イスラム国」(IS)系勢力の「ISホラサン州」によるとみられる自爆テロを招いた。アフガンが再び「テロの温床」となる懸念も残る。

 タリバンの報道官は30日、中東の衛星テレビ、アルジャジーラに「米兵が去り、われわれの国は完全に独立した」と主張。米中央軍司令官は、退避作戦で約12万3千人を出国させたと明らかにした。