菅義偉首相は30日、自民党の二階俊博幹事長と官邸で会談した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた追加の経済対策を策定する意向を表明。二階氏に「与党にはぜひ協力をお願いしたい」と伝えた。一方、政府、与党は9月の自民党総裁選前の臨時国会召集を見送る方針を固めた。憲法規定に基づく野党の早期召集要求を改めて拒否した形で、近く回答する見通しだ。複数の与党関係者が明らかにした。

 与党からは衆院選を前に、大型の経済対策を打ち出すよう求める声が強まっている。二階氏は会談後、対策の規模に関し「思い切った投入を考えないといけない」と強調した。