自民党の下村博文政調会長は30日、総裁選(9月17日告示、29日投開票)への出馬を見送る意向を固めた。複数の関係者が明らかにした。首相は同日午前、下村氏を官邸に呼んで会談。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、政調会長としてコロナ対応を優先し、全力を尽くすよう求めた。下村氏が応じた形だ。

 下村氏は首相との会談後、安倍晋三前首相を国会内の議員事務所に訪ねた。

 自民党は同日午後、追加の新型コロナ経済対策などに関する党会合を開く。