東京パラリンピックの学校連携観戦プログラムで生徒を引率した千葉市の中学教諭2人の新型コロナウイルス感染が確認された問題で、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は30日、「観戦前に発熱の症状があったと聞いている」と述べ、大会との因果関係はないとの見方を示した。

 武藤氏はパラの中間総括記者会見で、この問題に触れ「(感染が)事前に分からなかったのか。反省すべき点がある」と発言。児童生徒だけでなく、引率教員にも感染防止策を徹底するよう自治体や教育委員会に求めていくとした。

 千葉市教委によると、感染が確認されたのは市立中学の40代と50代の男性教諭。