公明党の太田昌孝衆院議員(比例北陸信越)は次期衆院選の公認を辞退した。公明党が30日、発表した。貸金業法違反容疑事件の関係先として自身の事務所が東京地検特捜部の家宅捜索を受けたことに伴う対応。太田氏は「私の秘書が行っていたことを私自身が認識できず、司直の手を煩わせてしまったことは誠にじくじたる思いであり、監督責任を痛感している」とのコメントを出した。

 太田氏が28日に辞退を申し出て、30日の持ち回り常任役員会で了承された。

 太田氏の元秘書らは、貸金業の登録を受けていないのに民間企業と日本政策金融公庫の融資を仲介した疑いが持たれている。