【杭州共同】中国で著名な女優、趙薇さんの名前が29日までに、動画配信サービスなどで出演作品のキャスト名一覧から次々と削除された。短文投稿サイト、微博(ウェイボ)でも趙さんファンのコーナーが削除された。台湾メディアなどが伝えた。

 原因は不明だが、靖国神社や乃木神社で記念写真を撮るなどして「親日」と批判された俳優張哲瀚さんが、趙さんの運営する芸能事務所の所属だったことや、趙さんが20年前、旧日本軍を連想させる旭日旗をデザインした服を着て問題視されたことが一因ではないかと報じられている。

 アリババグループの創業者との親密な関係が原因との指摘もある。