車いすテニスは女子ダブルス準々決勝で第3シードの上地結衣、大谷桃子組が中国のペアに6―0、6―0で快勝し、準決勝に進んだ。高室冴綺、田中愛美組は敗退。

 男子ダブルス2回戦で国枝慎吾、真田卓組はフランスのペアを6―1、6―1で下して8強入りした。

 混合上下肢障害ダブルス準決勝で諸石光照、菅野浩二組はオーストラリアのペアに2―6、4―6で敗れ、3位決定戦に回った。

 男子シングルス2回戦で真田と三木拓也は3回戦進出を決めたが、荒井大輔は敗れた。