【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界付近で28日、パレスチナ人の若者による反イスラエルデモがあり、イスラエル軍と衝突した。ガザ保健当局によると、実弾やゴム弾の発砲などでパレスチナ人11人が負傷した。

 イスラエル軍とガザを実効支配するイスラム組織ハマスは5月に大規模戦闘を展開。停戦後もイスラエル軍はガザの境界封鎖を続けており、最近は境界付近でパレスチナ人のデモが相次いでいる。

 21日のデモでは約40人が負傷。ガザ保健当局は28日、そのうち重体となっていた12歳の少年が死亡したと明らかにした。