28日午後8時ごろ、千葉県匝瑳市吉崎の住宅敷地内で、のこぎりを振り回して襲おうとしてきた70代ぐらいの男に、匝瑳署の男性巡査長が拳銃を発砲、弾1発が男の胸部に当たった。男は約3時間半後に死亡が確認された。

 署によると、28日午後、男から「もみ殻の乾燥機の音がうるさい」と110番があった。男性巡査長ら警察官2人が現場を訪れ、乾燥機を使っていたとみられる住宅で住人から事情を聴いていると再び110番があり、外に出てみると、男がのこぎりを振りかざして向かってきた。

 匝瑳署の高谷義則次長は29日、「現時点では適正な拳銃の使用だったと考えている」とコメントした。