オリックスは1―2の九回、四球と安打で好機をつくり、代打ジョーンズの左前打で追い付き、引き分けに持ち込んだ。三回に先制したソフトバンクは1―1の八回に長谷川の犠飛で再びリードを奪ったが、逃げ切りに失敗した。