【ジュネーブ共同】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は27日、イスラム主義組織タリバンの実権掌握で混乱が続くアフガニスタンから新たに国外に逃れる住民が、今年末にかけて最悪の場合は50万人を超える可能性があるとした。

 UNHCRは、現時点でアフガンからの大規模な難民流出は起きていないものの、陸路で隣国のイランやパキスタンに逃れようとする人が少しずつ増え始めたと指摘。周辺国に難民受け入れを求めると同時に、国際社会が受け入れ国を支援するよう求めた。

 アフガンでは居住地を追われて国内避難民となった住民が、今年だけで既に55万人増加したとUNHCRはみている。