DeNAは0―2の五回に宮崎のソロ、七回には佐野のソロで同点とした。ヤクルトは一回に村上の31号2ランで先制したが、その後は好機を生かせなかった。サイスニードは七回途中まで9三振と力投しながら2本の本塁打に泣いた。