【ロサンゼルス共同】1968年に米ロサンゼルスでロバート・ケネディ元司法長官が暗殺された事件で、カリフォルニア州当局は27日、終身刑で服役しているサーハン・サーハン受刑者(77)の仮釈放を勧告した。再審査を経て数カ月をめどに州知事が最終判断を示す。勧告を支持すれば同受刑者は53年ぶりに自由の身となる。米メディアが伝えた。

 サーハン受刑者は仮釈放を巡る16度目の審理で、銃撃に関する記憶がほとんどないと従来の主張を繰り返す一方、現場のホテルに銃を持ち込み発砲したことの「責任を取る」と語った。