【ワシントン共同】米大統領選の結果を覆そうとしたトランプ前大統領の支持者らによる1月の連邦議会襲撃で、警備に当たっていた警官7人が27日までに、トランプ氏や極右組織に損害賠償を求めて首都ワシントンの連邦地裁に提訴した。トランプ氏が極右組織プラウド・ボーイズなどと結託して「国内テロ行為」を働いたと主張している。米メディアが伝えた。

 訴えた警官7人は議会警察所属。トランプ氏が選挙で不正が行われたとの根拠のない主張を繰り返し、支持者らによる議会襲撃を招いたと訴えている。米メディアなどによると、襲撃では警官1人を含む5人が死亡、警官約140人が負傷した。