【ワシントン共同】バイデン米大統領は27日、イスラエルのベネット首相とホワイトハウスで会談し、イランの核保有を許さない立場を強調した上で、核問題解決に向け「外交を第一に考えており、結果を見極めたい」と述べ、核合意再建を目指す考えを重ねて示した。「外交が失敗した場合、他の選択肢にも目を向ける」とも語った。

 ベネット氏は核合意再建に反対しており「イランに核保有させないこと、外交がうまくいかない場合は他の選択肢もあると強調したことをうれしく思う」と応じた。

 サキ大統領報道官は記者会見で「さまざまな選択肢があるが、今は外交に力を注いでいる」と説明するにとどめた。