【ワシントン共同】米商務省が27日発表した7月の個人所得・消費統計によると、個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月より4・2%上がり、上昇率は1991年1月(4・5%)以来、30年6カ月ぶりの大きさとなった。新型コロナウイルスワクチンの接種拡大に伴う経済活動再開により、需要が増えたことなどが要因。

 PCE物価指数は米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を判断する際に重視しており、目標の2%超を引き続き大きく上回った。大きな伸びが続いた場合、大規模な金融緩和策の縮小ペースが速まる可能性がある。