文部科学省は27日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の対象地域で、学校の休校を判断するためのガイドラインを初めて策定した。同一学級で複数の児童生徒の感染が判明した場合、5~7日程度を目安に学級閉鎖することを要請。別の学級に感染が広がれば学年閉鎖とし、複数学年に及んだ際は休校を実施するとした。

 学級閉鎖は、感染が1人でも(1)医師の診断を受けていない風邪などの症状がある人が複数いる(2)濃厚接触者が複数いる―の条件に当てはまれば実施するべきだとしている。

 従来は保健所と協議して休校などの対応を決めていた。