東京五輪・パラリンピック組織委員会は27日、五輪開催期間を含む7月3日から8月3日までの1カ月間に、ボランティアやスタッフ向けに準備した弁当など、約13万食が廃棄されたと発表した。五輪開会式では発注した弁当約1万食のうち、約4千食が処分され、食料の大量廃棄が問題視されていた。

 組織委によると、約13万食は調査した20会場で用意した食料の約25%に当たる。発注量の管理などを改善し、7月30日~8月6日の廃棄率は約15%に抑えたと説明。

 高谷正哲スポークスパーソンは「改善傾向にある。完全にゼロにするのは難しいが、引き続き発注量の管理に取り組む」と話した。