【北京共同】中国政府は27日、国内のインターネット利用者が10億人を突破したと発表した。6月時点で10億1100万人に上り、全人口(約14億1178万人)の71・6%。食品配達のオンライン注文や在宅勤務などで活用され、新型コロナウイルス禍の市民生活を支える一方、海外のネットサービスの締め出しなど厳しい規制は続いている。

 昨年12月と比べて2175万人増えた。利用者のほぼ全員がスマートフォンなどの携帯電話で使っているほか、デスクトップパソコンやノートパソコンで使う人もそれぞれ約3割を占めた。

 ネット決済のユーザー数は8億7200万に達した。