沖縄県の玉城デニー知事は27日、東京五輪で県出身者として初の五輪金メダルを獲得した空手男子形の喜友名諒選手ら、メダリスト3人に県民栄誉賞を贈ると発表した。他の2人は優勝した野球の平良海馬投手、銅メダルを獲得したレスリング男子グレコローマンスタイル77キロ級の屋比久翔平選手。

 玉城氏は「県民に希望と活力を与え、スポーツの振興にも多大な貢献をした」とたたえた。

 このほか、東京五輪に出場した県出身やゆかりのある選手8人に県スポーツ栄誉賞を、喜友名選手の師匠で空手指導者の佐久本嗣男・劉衛流龍鳳会会長には県スポーツ指導者特別賞を贈る。