柔道男子66キロ級で21歳の瀬戸勇次郎は3位決定戦でガムヤシビリ(ジョージア)に一本勝ちし、初出場で銅メダルを獲得した。同級日本勢は2大会連続3位。瀬戸は2回戦で敗れたが、敗者復活2回戦から勝ち上がった。

 女子は3大会連続出場で48キロ級の半谷静香が3位決定戦でイワニツカ(ウクライナ)に優勢で敗れた。52キロ級の藤原由衣は準決勝に続き、ステパニウク(RPC)との3位決定戦は一本負けで完敗。ともに初のメダルを逃した。

 男子60キロ級2回戦で敗れた平井孝明は敗者復活2回戦で敗退した。