26日に東京パラリンピックの競泳男子100メートル自由形(運動機能障害S4)で金メダルを獲得し、日本勢の今大会「金」第1号となった鈴木孝幸(34)=ゴールドウイン=が一夜明けた27日、菅義偉首相から電話で祝福を受けた。首相は「金メダル第1号、本当におめでとうございます。ゴールした瞬間のガッツポーズに非常に感動しました」と伝えた。

 電話を終えた鈴木は取材に「またこれからも頑張ろうという気持ちになっている」と話し、「朝起きた時にメダルを確認して、本当に取れたんだな、という実感が湧いてきた。そういう気持ちを述べさせていただいた」と語った。