【ニューヨーク共同】米大リーグ、ツインズで右前腕の張りのため負傷者リスト入りしている前田健太投手が26日、セカンドオピニオンを求めるためテキサス州で専門医を受診した。バルデリ監督が明らかにした。

 27日に本拠地ミネアポリスで前田と面談し、今後の方向性を話し合うという。監督は「複数の手術を受ける可能性もあれば、手術を受けない可能性もある。彼がこの先どうしたいと思っているかはとても重要だ」と話した。