世界文化遺産・富士山の麓の山梨県富士吉田市で26日、夏山シーズンの終わりを告げる「吉田の火祭り」が始まった。毎年26、27日に開かれるが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催。露店の営業を見合わせ、一般客の来訪自粛を求めるなど、感染対策を講じた。

 北口本宮冨士浅間神社に続く国道沿いでは、高さ3メートルほどのたいまつ約90本が並んだ。午後6時すぎ、順番に点火されたが、一般客の姿は少なく例年のようなにぎわいはなかった。

 「吉田の火祭り」は富士山の噴火を鎮める祭りで、400年以上の歴史がある。「日本三奇祭」の一つとされる。