愛知県は26日、20~30代を中心とした若年層向けに予約なしで米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを接種できる会場を、名古屋市中心部に9月11日から開設すると発表した。

 いずれかの方法で2回目接種完了者を対象に、抽選で2万人に食事券(1万円分)を贈ることも明らかにした。

 県によると、医療従事者などを除く県内の20代と30代の1回目接種率は20%以下にとどまっている。接種会場は名古屋市営地下鉄栄駅に直結する愛知芸術文化センターで、県内在住者や、県内に通学・通勤する若年層が主な対象。中高年でも接種は可能。正午から午後8時までで接種券と身分証が必要となる。