【シドニー共同】オーストラリアの公共放送ABC(電子版)は26日、政治情勢の緊迫化でアフガニスタンを脱出した、東京パラリンピック同国代表の2選手が現在パリに滞在していると報じた。訪日して出場できるかどうか慎重に検討しているもようだ。

 2人はテコンドー女子のザキア・フダダディと陸上男子のホサイン・ラスーリ。イスラム主義組織タリバンの実権掌握後に国際的な支援の下、オーストラリア軍の助けで今月カブールを脱出。ABCによると、当初の計画ではドバイ、パリを経由して東京に向かう予定だった。