クーデターで全権を掌握したミャンマー軍に拘束された日本育ちのミャンマー人映画監督モンティンダンさん(37)の作品「めぐる」がマドリード国際映画祭の4部門で授賞候補となり、28日の発表を待っている。オンライン授賞式に本人に代わり出席予定の日本人フリージャーナリスト北角裕樹さんは「拘束は不当」と解放を求めている。

 北角さんによると、日本での通名は高峰暖。父親の仕事の都合で6歳で来日、茨城県で育った。小さい頃は周囲になじめず、遊び場は図書館の視聴覚室。「男はつらいよ」に熱中した。

 「母国を撮りたい」と最大都市ヤンゴンに事務所を置き、4月17日に拘束された。