千葉県の熊谷俊人知事は26日、児童生徒に東京パラリンピックの観戦機会を提供する「学校連携観戦プログラム」を県内で行っていることへ理解を求めた。同日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の観点から「五輪やパラリンピックが(プロ野球などと比べ)特別に扱われすぎている。無観客という極めて限定された大前提を受け止めるべきだ」と述べた。

 熊谷氏は「医療現場が少しでもリスクを下げたいと思うのは当然」とした上で、プロ野球などは観客を入れて開催されていると指摘。学校連携観戦は直行直帰のバスが用意され、会場は学校よりも空間が広いなどとした。