三重県の鈴木英敬知事の辞職に伴う知事選が26日告示され、いずれも無所属新人の元国土交通省局長の一見勝之氏(58)=自民、立憲民主、公明、国民民主推薦、元県議の岡野恵美氏(69)=共産推薦、建設会社社長石川剛氏(47)の3人が届け出た。投開票は9月12日。

 新型コロナウイルス対策や疲弊した地域経済の立て直しなどが争点になる。

 鈴木氏は次期衆院選に三重4区から立候補するため、9月12日付で辞職する。自民、立民の県連幹部らがそれぞれ一見氏に立候補を要請した経緯があり、与野党相乗りの構図となった。

 岡野氏は津市中心部で街頭演説し「コロナから命を守る県政をつくる」と強調。石川氏は津市内で報道陣の質問に答え、南海トラフ巨大地震に備えた防災対策に力を入れる考えを示した。