京都国際がサヨナラ勝ちした。2―2で迎えた九回1死二塁から松下が右前打を放ち、失策で決勝点を挙げた。2点を追う八回に、押し出し四球と内野ゴロで追い付いた。先発の平野は5回3安打無失点と好投。2番手の森下はコースを丁寧に突いて、4回2失点にまとめた。

 敦賀気比は八回に2点を先制したが、逃げ切れなかった。