【ニューヨーク共同】米デルタ航空は25日、新型コロナウイルスワクチンを接種していない従業員に、会社を通じて加入する医療保険の月額負担料を11月から200ドル(約2万2千円)引き上げると通知した。ワクチンの接種を促す新たな試みとして注目される。米メディアが伝えた。

 バスティアン最高経営責任者(CEO)は「コロナによる入院費用として会社側が1人当たり5万ドルを負担している」と説明。ここ数週間にコロナで入院した従業員全員がワクチン未接種だったとして、感染リスクの高さに応じて従業員側の負担を増やす必要があると判断した。