中日が2―3の九回に1点を返して引き分けた。溝脇の内野安打を足場に2死三塁とし、マクガフの暴投で追い付いた。ヤクルトは1―2の五回2死二、三塁から青木の右前打で逆転したが、六回以降は小刻みな継投にかわされた。