DeNAのドラフト2位新人の牧秀悟内野手が25日、京セラドーム大阪で行われた阪神20回戦でサイクル安打を達成した。新人のサイクル安打は2019年のオールスター戦で阪神の近本光司外野手が達成しているが、レギュラーシーズンではプロ野球史上初の快挙となった。

 サイクル安打は19年4月9日に阪神の梅野隆太郎捕手が達成して以来で、プロ野球史上75度目(70人)、セ・リーグでは40度目(37人)。

 牧は二回に右翼フェンス直撃の二塁打、三回に右中間へ3ラン、四回に中前へ2点適時打を放ち、九回に右翼線への三塁打を記録して達成した。