27日から始まる柔道の男女13階級の組み合わせ抽選が25日に行われ、男子100キロ超級で2大会ぶりの頂点を狙う正木健人(三菱オートリース)は初戦の2回戦でレバス・チコイゼ(ジョージア)と対戦する。2018年世界王者のモハンマドレザ・ヘイロラハザデヘ(イラン)とは決勝まで当たらない。シード権のない日本勢は厳しい闘いとなりそうだ。

 前回リオデジャネイロ大会で日本女子初の表彰台に立った57キロ級の広瀬順子(SMBC日興証券)は1回戦でエレーナ・ボグダノワ(ベラルーシ)と対戦。18年世界女王のジェイネプ・ジェリク(トルコ)とは決勝まで当たらない。