菅義偉首相は25日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのロックダウン(都市封鎖)の導入に慎重な姿勢を重ねて示した。「憲法上の問題などをクリアしなければなかなか難しいと思っているから、日本になじまない」と述べた。

 西村康稔経済再生担当相は衆院議院運営委員会で、都市封鎖に慎重な立場を示した上で、国によって方式や程度も異なるとして「法改正によらなくとも何かできないのか、常に考えてきている」と説明した。

 参院議運委では、感染抑制のための外出制限強化を巡り「検討を絶対に進めなければならない」とも訴えた。