近江が快勝した。一回に山田と明石の適時打で2点を先制。三回以降も小刻みに加点した。先発の山田は切れのある変化球を軸に10三振を奪い、6回2失点にまとめた。2番手の岩佐が反撃を抑えた。 

 盛岡大付は先発の井口が1死も取れずに降板。三回途中から3番手で登板した渡辺は4失点だった。15安打した打線はつながりを欠いた。