一部の小中学校にデジタル教科書を無償で配布し、効果を検証している実証事業について、文部科学省が来年度、全ての学校に対象を拡大する方針を固めたことが25日、分かった。全国でデジタル教科書を使用する環境が整うこととなる。効果的な指導法をまとめたマニュアル作成などを含めた普及促進事業として、来年度予算の概算要求に約57億円を盛り込む。

 文科省は本年度から、国公私立の小学5、6年生と中学生を対象に、学校が希望する1教科分のデジタル教科書を無償提供する実証事業を開始し、全国の約4割の小中学校で実施している。来年度は全小中学校が参加できるようにしたい考えだ。