大阪府教育委員会は25日、学校の部活動で新型コロナウイルスの集団感染が続発しているとして、緊急事態宣言の期間中は小中高校の部活動を原則休止するよう各市町村教委と府立学校、府内の私立学校に通知した。

 府教委はこれまで運動部など感染リスクの高い部活動に限って休止を求めていたが、感染拡大に歯止めがかからないことから対応を強化した。ただ公式大会への参加は中止を求めず、それに向けた練習は平日2時間、休日3時間を上限に認める。

 感染不安で登校できなくても欠席とならないことを周知したり、オンラインを活用して学習支援をしたりすることも要請した。