ボッチャ日本代表が25日、会場の有明体操競技場での練習後に取材に応じ、前回リオデジャネイロ大会のチーム(脳性まひ)で銀メダルを獲得した主将の杉村英孝(伊豆介護センター)は「試合ができることに感謝して、これまでやってきたことを出し切りたい」と、2大会連続メダルへ意気込んだ。

 前夜の開会式には代表を外れた内田峻介(大体大)が、聖火台への点火者として登場。選手村でテレビを見ていた杉村らも刺激を受けたようで「これまで一緒に戦ってきた仲間の思いも背負って、一丸となって戦っていく」と決意を新たにした。