神戸国際大付が逆転サヨナラで延長戦を制した。1点を追う十回2死二、三塁から西川の左前打で2点を挙げて、接戦に終止符を打った。西川はソロ本塁打を含む4安打3打点の活躍だった。

 長崎商は2点を追う八回に追い付き、十回には1点を勝ち越したが、逃げ切れなかった。九回から2度目のマウンドとなった城戸が力尽きた。