関東学生アメリカンフットボール連盟は25日、1部上位リーグ「TOP8」の8校を2ブロックに分ける抽選を行い、2連覇を狙う日大はBブロック、昨季2位の桜美林大はAブロックに入った。ほかにAは早大、明大、東大。Bは法大、中大、立大となった。

 日大は10月3日に昨季3位の法大と対戦する。菅原大斗主将は「どんな敵が来ようとも、一戦必勝で(学生)日本一を目指す」と抱負を語った。

 新型コロナウイルスの影響を考慮し、昨年に続いて8校による総当たり戦を実施せず、各ブロック4校によるリーグ戦後に同順位校同士で順位決定戦を行う。当面は無観客で開催する。