東京パラのシッティングバレーボール男子に出場するイランのメフルザドセラクジャニは身長246センチ。10代の時に遭った事故の影響で右脚が左脚よりも短く、普段は車いすで移動することが多いが、開会式では松葉づえを使って行進した。

 初出場だった前回大会で金メダル獲得に大きく貢献。強豪国を引っ張り2連覇を目指す。