西武が粘り、引き分けた。2―4の九回に川越の適時内野安打で1点差とし、さらに1死一、三塁から外崎の三ゴロが野選を誘い追い付いた。ソフトバンクは八回に中村晃の適時二塁打などで逆転したが、板東がリードを守れなかった。