競泳男子の瀬戸大也(TEAM DAIYA)が24日、引退する同い年のライバル、萩野公介(ブリヂストン)に対し「彼の背中をずっと追いかけて来たから今の自分がいる。自分にとって本当に偉大な存在だった」とコメントした。ツイッターに投稿した。

 既に3年後のパリ五輪挑戦を明言している瀬戸は「寂しいけどまだ自分には挑戦する事が沢山あるし同じ舞台の金メダルを取ってみたいから頑張る」と改めて五輪金メダルへの決意を表明。数々の名勝負を繰り広げてきた盟友に「最高の思い出をありがとう。お疲れ様!」とねぎらいの言葉を贈った。