政府は24日、新型コロナウイルスの全国的な感染急増を受け、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県について緊急事態宣言の対象地域に追加する方向で調整に入った。まん延防止等重点措置も高知、佐賀、長崎、宮崎の4県を加える。25日の専門家らによる基本的対処方針分科会に諮る意向だ。期間はいずれも今月27日から9月12日とする。了承を得られれば、政府対策本部会合で正式決定する。複数の政府、与党関係者が明らかにした。

 北海道など8道県は重点措置を適用中で宣言への格上げとなる。宣言の対象は計21都道府県に拡大、重点措置は計12県となる。