JR東海は24日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、9月1~30日に1日当たり約200人規模の一時帰休を実施すると発表した。JR東海は1~6月にも一時帰休を実施しており、今回が2度目となる。

 同社は9月の東海道新幹線の臨時列車を350本程度減便する検討をしており、業務量の減少が見込まれるため。対象は新幹線の乗務員の拠点や車両の保守・検査をする車両所、工場などで勤務している社員約9800人。

 10月以降については「現時点では決まっていないが、必要により検討する」としている。