指揮者の小澤征爾さん(85)が総監督を務める音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」(長野県松本市)の実行委員会は24日、新型コロナ感染拡大のため、全公演を中止すると発表した。中止は2年連続。

 小澤さんは「心が張り裂けるようなつらい判断。来年、みなさんにお会いできるのを楽しみにしています」とするコメントを発表した。

 一部プログラムの中止を先に発表する一方で、来場予定者に抗原検査キットを郵送し、オーケストラコンサートなどの開催を模索してきた。だが、感染者増で医療も逼迫しているとして断念に至った。音楽祭は1992年に始まり、これまで28回開催している。