智弁和歌山が逃げ切った。三回に角井の適時打や徳丸の適時二塁打などで3点を先制。五、八回にも1点を挙げて試合を有利に進めた。先発の中西は鋭い変化球を低めに集めて、九回途中3失点。2番手の伊藤が反撃を断った。

 高松商は六回に浅野がソロ本塁打。九回には2死から好機をつくって2点を返したが、及ばなかった。